岩と雪 BEST SELECTION

1956年のマナスル初登頂をきっかけに沸き起こった登山ブームから、アルピニズムの思潮と記録を追い続けて1958年に創刊された『岩と雪』。
1995年の休刊に至るまで、国内外の最先端の記録を追い、識者たちの評論を発表し続けてきました。
ベストセレクションでは、これらの記事を厳選、時代背景の解説を加えながら再録して紹介されています。

パイオニア・ワークとはなにか(本多勝一)
スーパーアルピニズム試論(吉田二郎)
日本のアルピニズムの行方(上田哲農)
高さと困難が登山の目的なのか(岩崎元郎)
日本の岩登りは限界を迎えたか(斎藤一男)
山---陶酔と失墜(遠藤甲太)
アルピニズムは帰ってきた(柏瀬祐之)
登山と「神話」(高田直樹)
ヨセミテとコロラドの体験 (戸田直樹)
高所登山のルネッサンス (原 真)
衝立岩フリー宣言 (池田 功)
極限のソロ バフィン島「トール西壁」単独登攀(山野井泰史)
インタビュー平山裕示、El Capitan 垂直のクルーズ(保科雅則)
アルピニズム33年史(池田常道)
インタビュー吉田和正、日本ボルダリング紀行 石の人(草野俊達)、ほか

アルピニズムの思想、当時の登山家たちの熱い思いが結実した記事などを拝見できる本書は、非常に貴重な一冊となっています。
型番 岩と雪 BEST SELECTION
販売価格
2,800円(税抜)
購入数
ご注意事項
・使用後、洗濯後のご返品はお受けできません。
・セール品(値引き品)は不良品以外、返品できません。
・サイズはほとんどがメジャー計測値ですので若干の誤差がある場合がございます。